シミ 化粧品

口コミ・レビューから選んだシミ・美白化粧品タイプ別5アイテム

@コスメや楽天レビューなどを参考に口コミ数の多さではなく、評価の高かったものを独自に選んでみました。掲載した口コミは各公式HPまたはレビューサイトから一部抜粋させて頂きました。

POLA ホワイトショット クリアセラムSX ベストコスメ

紫外線対策をしてもなくならないシミ、加齢による肌のくすみ解消なら断然このコスメ

POLA ホワイトショット クリアセラムSX

こちらに切り替えてから、わずか2週間で明らかに顔色が明るくなり1本を使い終わる頃にはファンデーションの色が1トーン明るくなりました。2週間目での肌の明るさは(以前行った)ピーリング治療に匹敵しました…これまで使った美白ものの中で、最も手応えを感じています。美白ものはあくまで予防的なものであって、今あるシミにそうは効くものではないだろうと思っていたので、これほどの手応えは驚きです。


美白成分ルシノール、ビタミンC誘導体に保湿成分ショウキョウエキスをブレンドしたポーラの独自成分「ルシノールQL」配合の美白美容液。特に加齢によっておきる肌のにごり(ターンオーバーの乱れや古くなった角質の蓄積などで出来るくすみ)に効果的で紫外線対策をしてるのにシミが出来てしまうという方や、加齢とともに徐々に肌がくすんできてしまったという方におすすめの美容液です。
10g7020円/20g12960円・各税

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

エビス化粧品 ビーホワイト

日焼けのダメージ修復とシミ予防に効果的なトラネキサム酸配合美容液

エビス化粧品 ビーホワイト

スポイト式容器なので、衛生的に使えるのと、適量が出しやすいのがいいですね。サラっとしたローションのようなテクスチャーです。使い始めてから お肌が少し明るくなったような気がします。今あるシミには期待してませんが、新しくできないように使っていきたいです。


シミ・ソバカスの原因となるメラニンの生成を抑えるトラネキサム酸を配合した美容液。トラネキサム酸はシミ・ソバカスの原因となるメラニンの生成を抑制する効果の他、紫外線によって受けたダメージを修復する効果もあることから日焼け後のシミ予防とお肌のケアにおすすめの美容液です。
10ml通常価格3,240円・税込み→初回お試し価格1,620円・税込キャンペーン中!

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

SK-II ホワイトニング パワースポッツ スペシャリスト

メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスを発生させない!シミ予防ならこの美容液

SK-II ホワイトニング パワースポッツ スペシャリスト

さらっとした軽めのテクスチャーでとってもしっとりして使用感がいいです。しみが消えたとは言えませんが、肌が 明るく、くすみも取れたような感じがします。もともとのシミは消えませんが新しいシミができなくなったのはやっぱりSK2かな〜なんて思ったりもします。


メラニン色素の生成を抑制する独自成分「アルティメット スポッツ コレクター」を配合。紫外線や日焼けによるメラニン色素の増加を抑えることで高いシミ予防が期待できます。また、日焼けによって受けたダメージに対しても乾燥を改善する成分や保湿成分を加えることでターンオーバーを正常に戻してくれます。
30ml・10,000円 / 50ml・14,000円

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

b.glen(ビーグレン)QuSomeホワイト セット

出来てしまったシミを安全に薄くしたい!そんな願いを叶えたハイドロキノン配合美白セット

b.glen(ビーグレン)QuSomeホワイト セット

トライアルセットの中でハイドロキノンが入っているのはQuSomeホワイトクリーム1.9。化粧水、美容液にビタミンC、アルブチンなどの美白有効成分が入っています。使用した翌朝には顔全体のくすみ抜け効果を実感。肌がワントーン明るくなって全体的に透明感が出ました。


ハイドロキノンは成分としては唯一できてしまったシミを薄くする成分として知られていますが、一方で肌への刺激が強すぎる、安定性が悪く外気に触れるなど環境の変化で効果が弱まってしまうといったデメリットも。そこで独自のカプセル化技術によってハイドロキノンの効果を最大限に発揮しつつ、肌への刺激を最小限に抑えたのがこの化粧品。シミに直接アプローチして改善していくことができる化粧品です。
トライアルセット1944円・税込

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

 

アスタリフトホワイト美白トライアルキット

保湿とシミ予防を同時に!乾燥肌のシミ対策に使ってみたい美白セット

アスタリフトホワイト美白トライアルキット

美白モノは保湿力が足りないと感じる事が多いのですが、こちらは乾燥もなくいい感じのしっとり感でした(夏は逆にちょっとベタついてしまうかも?)。シミには変化がないので美白効果はわかりませんが、乾燥にはよかったと思います。

アルブチンとビタミンC誘導体を配合した美白セット。メラニン色素の生成を抑制するだけでなく、すでに沈着を起こしてしまったシミを薄くする効果も期待できます。また、アスタリフトならではの保湿効果も期待できるので特に乾燥も気になるという方はその保湿効果も試してみたいところです。
トライアルキット1,000円・税別

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

シミ美白化粧品の失敗しない選び方

シミ美白化粧品がさまざまなメーカーから発売されている状況です。それぞれの製品が独自の効果を宣伝しており、どの製品を選んだらよいのか迷うものです。

シミ予防かシミ解消の化粧品なのか。化粧品のタイプを見極めること

シミ美白化粧品

数多くの選択肢から失敗せずに最適な製品を選ぶためにはまず美白成分に関する知識を身につけておく必要があります。美白成分によってシミに作用するメカニズムが異なるだけでなく、効果を発揮するシミの種類にも違いがあるからです。とくに注意したいのがその製品がシミ予防に役立つのか、すでに出来てしまったシミを消すのに役立つのかの見極めです。シミ美白化粧品と銘打たれている製品の中にはシミを消す効果はなく、もっぱら予防のために役立てる目的に作られたものも少なくありません。すでにシミに悩まされている人はこうした製品ではなく、シミを消すのに役立つ製品を選んでいくことが必須です。

 

美白成分には大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはメラニン色素の生成を抑制する効果があるタイプ。シミはメラニン色素が肌に沈着することで生じますから、その生成量を抑制することで予防に役立ちます。もうひとつは沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄くする還元作用を備えたタイプ。こちらはすでに出来てしまったシミを改善するのに役立ちます。ハイドロキノンビタミンC誘導体のように両方の効果を備えているものもあれば、トラネキサム酸のようにメラニン色素を生成を抑える効果のみを備えているものもあるのできちんと見極めたうえで判断することが大事です。

肝斑は通常のシミ美白化粧品では効果がない

シミ美白化粧品

それからシミの種類。とくに30代以降の女性が注意したいのが普通のシミと肝斑との違い。肝斑は女性ホルモンなど体内部のメカニズムの変化によって生じるため、通常の美白シミ化粧品では効果が得られないことも多いのです。肝斑の対策ではトラネキサム酸やハイドロキノンといった一部の美白成分が有効なのでこの辺の確認もしっかりと行っておきたいところです。

 

他にも効果と刺激・副作用といったリスクのバランスにも配慮したいところ。特にハイドロキノンは刺激が強いため、乾燥肌・敏感肌の人は濃度が低いものや、低刺激を売りにしている製品を選んでいくことが欠かせません。こうした点に着目しつつ、自分に合ったシミ美白化粧品をトータルで判断していきましょう。

肝斑など化粧品で消せないシミに飲んで効く国内で唯一のお薬